メキシコに完敗 サッカー男子53年ぶりのメダル逃す

3位決定戦の前半、メキシコに2ゴール目を許す冨安健洋(右)、吉田麻也(中央左)ら=埼玉スタジアム(蔵賢斗撮影)
3位決定戦の前半、メキシコに2ゴール目を許す冨安健洋(右)、吉田麻也(中央左)ら=埼玉スタジアム(蔵賢斗撮影)

敗戦を告げる笛が鳴ると、選手たちは次々とピッチに崩れ落ちた。サッカー男子の日本は6日の3位決定戦でメキシコに敗れ、53年ぶりの五輪銅メダルには届かなかった。ここまで3得点を挙げ、チームを引っ張ってきた久保建は号泣。森保監督は「選手の頑張りを結果に結び付けてあげられなかった」と肩を落とした。

3日の準決勝の疲れか、序盤から動きが重かった。ペナルティーエリア内で遠藤航が足を掛けて与えたPKを前半13分に決められ、先制を許す。同22分にFK、後半13分にはCKと、セットプレーを起点にさらに2失点。同33分に三笘のゴールで1点を返したものの、メキシコに試合をコントロールされ、余裕を持って逃げ切られた。

五輪をめぐって数奇な因縁のある両国の激突だった。1968年メキシコ五輪の3位決定戦は、日本が開催国を2-0で下して銅メダルを獲得。53年をへて迎えた東京五輪の3位決定戦は、開催国となった日本がメキシコに返り討ちにされた。

2012年ロンドン五輪準決勝で顔を合わせ、金メダルの夢を断たれた相手でもある。今大会は1次リーグで下しながら12日後の大一番は敗戦。9年前の五輪3位決定戦の敗北も経験している主将の吉田は、「完敗だった」と相手をたたえるしかなかった。

メダルは遠かった。しかし、ともにワールドカップ(W杯)制覇経験のあるフランスを下し、スペインも苦しめた奮闘は色あせない。「こんなに悔しいことはない。この気持ちを忘れないようにしたい」と久保建。目前でメダルを逃す無念を胸に刻み、日本サッカーを前へ進めていく。(奥山次郎)

会員限定記事会員サービス詳細