和歌山・海南の神社で風鈴の音響く - 産経ニュース

メインコンテンツ

和歌山・海南の神社で風鈴の音響く

伊勢部柿本神社の境内を彩る「かいなん夢風鈴」=和歌山県海南市
伊勢部柿本神社の境内を彩る「かいなん夢風鈴」=和歌山県海南市

厳しい暑さが続く中、和歌山県海南市日方の伊勢部柿本(いせべかきもと)神社では、色鮮やかな約200個の「かいなん夢風鈴」が飾られ、涼しげな音を響かせている。

風鈴はガラス製。「漆器のまち」にちなみ、地元の漆器職人が塗りを施した風鈴も含まれている。

境内の一角にずらりとつり下げられた風鈴は、青や赤、緑など色とりどり。風が吹くたびに心地良い音を響かせ、ひと時の涼を届けている。

家族と訪れたみなべ町の専門学校生、小倉智佳さん(18)は「音も涼しげですし、風鈴の色がとてもきれいで夏っぽい。来たかいがありました」と笑顔をみせた。

風鈴は15日まで。