皇室ウイークリー

(704)両陛下、明治天皇例祭でご拝礼 秋篠宮ご夫妻、高校生とご交流

「明治天皇例祭の儀」のため、皇居に入られる皇后さま=7月30日午前、皇居・半蔵門
「明治天皇例祭の儀」のため、皇居に入られる皇后さま=7月30日午前、皇居・半蔵門

明治天皇の命日に当たる7月30日、皇居・宮中三殿の皇霊殿で明治天皇例祭の儀が営まれ、天皇、皇后両陛下と秋篠宮ご夫妻が拝礼された。ご夫妻の長女、眞子さま、次女、佳子さまをはじめとする皇族方もご参列。伏見桃山陵(京都市伏見区)での山陵例祭の儀には三笠宮家の彬子さまが臨まれた。

宮内庁は同日、天皇陛下が名誉総裁を務められる東京五輪の閉会式に、陛下の名代として、秋篠宮さまが臨席されると発表した。

過去に自国開催された五輪・パラリンピックでは、天皇が五輪の名誉総裁を、皇太子がパラリンピックの名誉総裁を務め、それぞれの開閉会式に臨席した。一方、今回は陛下が五輪・パラリンピック両方の名誉総裁に就任されているため、宮内庁が分担を調整。陛下は8月3日、お住まいの赤坂御所で、秋篠宮さまから名代としてのご臨席についてあいさつを受けられた。

秋篠宮ご夫妻は7月31日、赤坂御用地内の宮邸(東京都港区)で、和歌山県で同日開幕した「第45回全国高校総合文化祭(総文祭)」の総合開会式をオンラインで視聴された。