国連事務総長、核なき世界の目標「被爆者と共有」

【ニューヨーク=平田雄介】国連のグテレス事務総長は5日(日本時間6日)、広島市の平和記念式典に合わせてビデオ声明を発表した。「国連と被爆者は核なき世界という目標を共有している」と述べ、全ての核保有国に核戦争の脅威を低減するよう訴えた。

グテレス氏は近年進む核兵器の近代化を「新たな軍拡競争に火をつけた」と批判。一方で、米露が合意した新戦略兵器削減条約(新START)の5年間延長や新たな軍備管理体制の構築に向けた対話を「歓迎すべき一歩だ」と評価した。

また、新型コロナウイルス禍の影響でたびたび延期されている核拡散防止条約(NPT)再検討会議を、各国が「核なき世界」への誓約を強める機会とするよう促した。「核なき世界」の実現に向け、人生をささげて語り部となった被爆者を「人間の不屈の精神力を証明している」とたたえた。