馬術障害飛越団体、日本は失権

障害飛越団体予選で競技する福島大輔=馬事公苑
障害飛越団体予選で競技する福島大輔=馬事公苑

東京五輪第15日の6日、馬術障害飛越の団体予選で日本は失権し、上位10チームによる決勝に進めなかった。福島大輔(STAR HORSES)は減点8で終えたが、斎藤功貴(北総乗馬ク)の競技馬が直前に脚から出血して棄権。決勝進出が事実上なくなったため、馬への負担を考慮して佐藤英賢(ポールショッケメーレ厩舎)も棄権した。

スウェーデン、ベルギー、ドイツなどが7日の決勝に進んだ。

会員限定記事会員サービス詳細