暴力団組長ねらい発砲、対立抗争か 殺人未遂事件で県警が捜査 - 産経ニュース

メインコンテンツ

暴力団組長ねらい発砲、対立抗争か 殺人未遂事件で県警が捜査

兵庫県警本部=神戸市中央区
兵庫県警本部=神戸市中央区

5日午前10時半ごろ、神戸市兵庫区三石通の路上で、特定抗争指定暴力団神戸山口組傘下組織の与則和(あたえのりかず)組長(67)が何者かに拳銃のようなもので撃たれ軽いけがをしたと、兵庫県警に情報提供があった。

犯人は拳銃を持って逃走しているとみられ、県警が兵庫署内に捜査本部を設置し、殺人未遂容疑で捜査している。

同署によると、与組長は自宅付近で、別の男性が運転する車の後部座席に乗り込もうとした際、拳銃のようなもので撃たれたとみられる。弾は左ふとももをかすめ、軽傷だったという。

与組長をめぐっては平成31年4月、神戸市内の商店街で、対立する特定抗争指定暴力団山口組傘下組織の組員に包丁で襲われる事件が発生。実行犯ら組員2人は先月、神戸地裁で有罪判決が言い渡された。

県警は今回の発砲事件について、対立抗争の可能性も視野に調べる。