【正論】LGBT濫訴の危惧、米の例から 福井県立大学教授・島田洋一 - 産経ニュース

正論

LGBT濫訴の危惧、米の例から 福井県立大学教授・島田洋一

福井県立大学 島田洋一
福井県立大学 島田洋一

差別や偏見はあってはならない。しかしその解消を錦の御旗にやみくもな伝統破壊や利権獲得を目指す勢力があることも事実である。そうした活動家によってまじめに働く常識人たちの生活が脅かされることがあってはならない。

その点、危惧せざるを得ないのが「性的指向および性自認を理由とする差別は許されない」とする、いわゆるLGBT法案である。差別の定義は明示されていない。推進者らは、同性愛者など性的少数者(LGBT)問題をめぐって濫訴(らんそ)や逆差別の恐れはないと言うが、果たしてそうか。問題が先鋭化して久しい米国の例を見てみよう。

ウエディングケーキめぐり

ランキング

  1. 尼崎女性刺殺 殺人容疑で元夫を逮捕「殺すつもりで刺した」
  2. ビットコイン採掘「1強」の中国がシェアゼロに 拠点は壊滅
  3. 手術後わいせつ事件 2審判決見直しの可能性
  4. マイナカード促進へ「3万円」付与 衆院選で公約
  5. 岸田自民党には容赦ない維新の強気
  6. 高橋留美子さん、米漫画賞の殿堂入り
  7. 尼崎女性刺殺 殺人容疑で元夫を逮捕「殺すつもりで刺した」
  8. 「興味を…」不倫女性に遺体画像送信 警部を処分
  9. れいわ新選組、衆院選公認21人発表

メインコンテンツ