全身100カ所に出血痕、繰り返し女児暴行か

小1女児が転落したとみられていたジャングルジム=1日午後、大津市
小1女児が転落したとみられていたジャングルジム=1日午後、大津市

大津市の自宅で小学1年の妹(6)に暴行を加えて死亡させたとして、無職の少年(17)が傷害致死容疑で逮捕された事件で、死亡した妹の全身に約100カ所の皮下出血の痕があったことが5日、滋賀県警への取材でわかった。県警は少年が妹に対し、激しい暴行を繰り返し加えた可能性もあるとみて、動機を調べている。

少年は1日午前9時40分ごろ、同市内の児童公園で、一緒にいた妹がジャングルジムから転落したとして、近隣住民に119番を依頼。妹は搬送先の病院で死亡が確認された。

県警は当初、事故死の可能性が高いとみて調べていた。しかし司法解剖などの結果、内臓の一部が破裂しており、外傷性ショックで死亡したことが判明。全身の皮下出血や、肋骨(ろっこつ)が折れていたことも確認した。

県警はこうした状況を踏まえ、高さ約3メートルのジャングルジムからの転落で死亡した可能性は低いと判断。少年が暴行を加えて妹を死亡させたとみている。

7月21日未明には、少年が妹を連れてコンビニエンスストアにいることを不審に思った従業員が110番し、その後、県警が児童相談所に連絡していた。その際には目立った外傷は確認されなかったという。

県警は5日午後にも同容疑で少年を送検する方針。

■小1妹蹴り死なせた容疑で17歳少年逮捕