過半数19市町が「ステージ4」 静岡県内、新規181人過去2番目

静岡県庁=静岡市葵区(那須慎一撮影)
静岡県庁=静岡市葵区(那須慎一撮影)

静岡県内で5日、新型コロナウイルス新規感染者が181人確認された。4日の202人に次いで過去2番目。直近1週間の累計感染者は998人、人口10万人当たりで27・4人と前日に続いて過去最多を更新し、2日連続でステージ4相当(25人以上)となった。

新規感染の地域別は浜松市44人、静岡市22人、沼津市20人、富士市19人、焼津市10人、三島市9人、函南町7人、藤枝市6人など。

連日の新規感染で全35市町のうち過半数の19市町がステージ4の、週間で人口10万人当たり「25人以上」になった。浜松市、焼津市、吉田町が到達するなど中・西部にも拡大。東部でステージ4でないのは富士宮市と伊豆市、西伊豆町、松崎町だけとなった。

4日にクラスター(感染者集団)と認定された浜松市の学習塾では、家族ら2次感染者を含め陽性が7人増え、計27人に拡大した。

全療養者は1300人を超えた。5日正午現在、入院者は204人(重症5人)で、対応病床使用率は39・2%(重症用10・0%)に上昇した。東部は59・7%に達し、中部35・9%、西部26・0%。宿泊療養施設も、入所者が319人に増えて使用率は43・4%となった。

自宅療養者は4日夕時点で644人と、前日(549人)から一気に100人近く増えた。