東京都内の1日の感染者数5000人超 首相「警戒感強く」

新型コロナウイルス感染者の急速な拡大を受け記者団の質問に答える菅義偉首相=5日午後、衆首相官邸(春名中撮影)
新型コロナウイルス感染者の急速な拡大を受け記者団の質問に答える菅義偉首相=5日午後、衆首相官邸(春名中撮影)

菅義偉(すが・よしひで)首相は5日、官邸で記者団の取材に応じ、東京都内の新型コロナウイルスの1日の感染者数が初めて5000人を超えたことに関し、「警戒感をより強くする中で徹底して対策を講じていく必要がある」と述べた。同時に、「必要な方が必要な医療を受けることができるように医療体制を今、しっかりと確保しているところだ」とも語った。

政府は2日、感染者が急増する地域では重症患者や重症化リスクの高い患者以外は自宅療養を基本とする新たな入院方針を打ち出した。今月に入ってから都内で自宅療養中の感染者とみられる少なくとも8人が死亡していたと報じられていることに関し、首相は「今は厚生労働省で事実関係を確認中だ」と述べるにとどめた。