「急激な自宅療養シフトは大きな負担」 中川日医会長が懸念

記者会見する中川俊男
日本医師会の中川俊男会長(坂井広志撮影)

日本医師会の中川俊男会長は4日の記者会見で、新型コロナウイルスの医療提供体制をめぐり、政府が重症者や重症化リスクの高い患者を入院対象とし、それ以外は自宅療養を基本とする方針を決めたことについ「自宅療養への急激なシフトは患者さんにとっても医療機関にも医療現場にも大きな負担をもたらす」と懸念を示した。

宿泊療養の対象を家庭内感染などのおそれがある人に限ったことにも言及し、「むしろ家庭内感染のおそれのない一人暮らしの人の不安は計り知れない」と指摘。厚生労働省に対し、宿泊療養の拡充を働きかける考えを示した。

菅義偉(すが・よしひで)首相が自宅療養者の病状把握に往診やオンライン診療の活用を求めたことに関しては「通常の診療よりも時間がかかる。往診などの増加は通常の外来医療やワクチン接種にも影響を及ぼす」と述べた。