速報

速報

北朝鮮がミサイル発射か 海上保安庁発表

11年前の男子高校生刺殺事件で元少年逮捕 兵庫県警

元少年の逮捕を発表する兵庫県警捜査1課の真鍋克巳課長(左)ら=4日午後8時半、神戸市北区(彦野公太朗撮影)
元少年の逮捕を発表する兵庫県警捜査1課の真鍋克巳課長(左)ら=4日午後8時半、神戸市北区(彦野公太朗撮影)

神戸市北区の路上で平成22年10月、私立神戸弘陵学園高校2年の堤将太さん=当時(16)=が刺殺された事件で、兵庫県警神戸北署捜査本部は4日、殺人の疑いで、犯行時17歳だった愛知県在住のパート従業員の元少年(28)を逮捕した。同捜査本部は「今後の捜査に支障が出る」として、男の認否を明らかにしていない。事件は発生から11年を目前に、大きな節目を迎えた。

遺族のコメント全文はこちら

男子高校生遺族「まだ実感わかない」

逮捕容疑は22年10月4日午後10時45分ごろ、同区筑紫が丘の歩道上で、堤さんの首など複数箇所を刃渡り10センチの調理用ナイフで刺し殺害したとしている。

同捜査本部によると、男は当時、現場近くに住んでいたとみられるという。今後、堤さんとの接点や動機の解明を進める。

事件当時、堤さんは現場近くの自動販売機前の路上で、交際相手の中学3年の女子生徒=当時(15)=と一緒にいた。女子生徒は事件直前に、堤さんから逃げるように告げられ一度現場を離れたが、再び戻ると現場から北に約70メートル離れた横断歩道上で、頭部などを刺された堤さんを発見。堤さんは病院に運ばれたが、間もなく死亡した。凶器のナイフは発生から6日後、現場の南西約100メートルの側溝で見つかっていた。

県警は殺人容疑で神戸北署に捜査本部を設置。複数箇所を刺した犯行態様から明確な殺意があったとみて恨みによる犯行か、通り魔的犯行かの両面で捜査していた。

事件を受けて警察庁は24年12月にこの事件を公的懸賞金制度の対象とした。県警には昨年11月末までに約1400件の情報が寄せられていた。