「恐ろしい事態」「緊急事態要請を」 静岡、感染最多202人

ステージ4への引き上げについてオンラインで議論した静岡県の感染症対策専門家会議=4日、県庁(田中万紀撮影)
ステージ4への引き上げについてオンラインで議論した静岡県の感染症対策専門家会議=4日、県庁(田中万紀撮影)

静岡県内で4日、新型コロナウイルス新規感染者が202人確認され、7月31日の168人を上回り過去最多を更新した。浜松市も過去最多の54人を記録し、県内の直近1週間の人口10万人当たりは25・4人と初めて国指標の「ステージ4(爆発的感染拡大)」相当(25人以上)に。デルタ株(インド由来変異株)の影響とみられる感染急増傾向がかつてなく強まる中、県の感染症対策専門家会議は4日夜、全会一致で、県に感染状況判断のステージ4への引き上げを求めるとともに「国に緊急事態宣言を要請すべきだ」と訴えた。

会議では「今までにないスピードで、これまでにない数が増えるという、恐ろしい事態」と強い言葉で危機感が示されたという。

浜松市以外の地域別新規感染は静岡市36人、沼津市15人、御殿場市・富士市・磐田市が各10人、三島市9人、焼津市7人、伊東市・函南町・藤枝市が各5人など、県下全域にわたった。

4日認定された新たなクラスター(感染者集団)は3件。浜松市内の学習塾では20人、焼津市内の事業所で従業員6人、沼津市内の事業所で同5人、それぞれ陽性者が判明している。

全療養者数は約1200人に増加。内訳は、4日正午現在で入院者202人(重症2人)、宿泊療養施設入所者292人。また3日午後5時現在、入院などを調整中の自宅待機者が156人いるほか、549人が自宅で療養している。

対応病床使用率(4日正午現在)は全県38・4%、地域別は東部53・8%、中部37・1%、西部27・3%といずれも上昇傾向。