川井梨紗子が決勝進出、姉妹メダル確定 レスリング女子57キロ級

レスリング女子57キロ級の準決勝で米国のマルーリス(手前)と対戦する川井梨紗子=4日、幕張メッセ
レスリング女子57キロ級の準決勝で米国のマルーリス(手前)と対戦する川井梨紗子=4日、幕張メッセ

東京五輪第13日の4日、レスリング女子57キロ級が行われ、日本の川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)は準決勝でヘレンルイーズ・マルーリス(米国)に2ー1で勝利した。川井の銀メダル以上が確実となった。4日夜の62キロ級決勝に臨む妹の友香子と姉妹そろって、オリンピックのメダルを獲得することになった。57キロ級の決勝は5日夜に行われ、川井は前回のリオデジャネイロ五輪の63キロ級に続く金メダルを狙う。

1回戦、2回戦と危なげなく突破してきた川井。準決勝では果敢に攻め、僅差ながらマルーリスに勝利して、決勝進出を決めた。

リオ五輪後に川井は本来の階級である57キロ級に戻し、令和元年の全日本選抜選手権、同年の世界選手権で五輪5連覇を目指す伊調馨に2連勝して代表の座を得た。今回の五輪では、姉の友香子もともに金メダルを目指している。友香子はすでに決勝に進出し、頂点に王手をかけている。妹に続いて姉も決勝進出を決め、姉妹そろっての金メダルがいよいよ実現に近づいた。川井は試合後、決勝に向けて「日本代表の責任を果たすべく、戦おうと思っている」と意欲を見せた。

レスリング女子57kg級準決勝で米国のマルーリスと対戦中する川井梨紗子=4日、幕張メッセ(納冨康撮影)
レスリング女子57kg級準決勝で米国のマルーリスと対戦中する川井梨紗子=4日、幕張メッセ(納冨康撮影)
レスリング女子57kg級準決勝で米国のマルーリスと対戦する川井梨紗子(左)=4日、幕張メッセ(納冨康撮影)
レスリング女子57kg級準決勝で米国のマルーリスと対戦する川井梨紗子(左)=4日、幕張メッセ(納冨康撮影)

会員限定記事会員サービス詳細