浪速風

コロナ下の子供たちへ

4回目の緊急事態宣言決定後、初の週末を迎えたなんば周辺=7月31日午前、大阪市中央区(鳥越瑞絵撮影)
4回目の緊急事態宣言決定後、初の週末を迎えたなんば周辺=7月31日午前、大阪市中央区(鳥越瑞絵撮影)

人は何のために勉強するのかと問われ、映画『男はつらいよ』の主人公、寅さんはこう答える。難しい問題にぶつかったとき「勉強した奴は、自分の頭できちんと筋道を立てて『こういうときはどうしたらいいかな』と考えることができるんだ」。財界や政府が大学に求める、生産性の高いグローバル人材の育成なんていう言葉より腑に落ちる

▶寅さんを演じた渥美清さんが亡くなったのは25年前のきょう。希代の喜劇役者は、子供のころは病気がちで勉強から遠ざかることも多かったという。学校を休んで聴いたラジオで話芸に目覚め、大人になってからはあらゆる舞台、映画を見歩いて芸を磨いた

▶夏休みだというのに、なかなか遊びに行けない子供たちには、この際、よく見て聞いて考えてほしい。この大変な夏、大人たちは何を言い、どんな判断をしているのか、きちんと筋道を通しているのかを。大人は見られていることを忘れず、気を引き締めていこう。