11年前の男子高校生刺殺で容疑者逮捕、兵庫県警が会見へ - 産経ニュース

メインコンテンツ

11年前の男子高校生刺殺で容疑者逮捕、兵庫県警が会見へ

堤将太さんが刺された現場付近=平成23年12月6日、神戸市北区
堤将太さんが刺された現場付近=平成23年12月6日、神戸市北区

神戸市北区の路上で平成22年10月、神戸弘陵高2年の堤将太さん=当時(16)=が刺殺された事件で、兵庫県警捜査1課が殺人容疑で容疑者を逮捕したことが4日分かった。午後8時半から記者会見する。

堤さんは当時、交際相手と一緒に路上にいたところを突然刃物を持った男に襲撃され、首や胸に致命傷を負って死亡した。堤さんに目立ったトラブルはなく、捜査は難航。未解決事件として警察庁の公的懸賞金の対象事件ともなっていた。

事件は22年10月4日午後10時40分ごろに発生。神戸市北区筑紫が丘の自動販売機横で、堤さんが交際相手の中学3年の女子生徒=当時(15)=と話していたところ、男に刃物で襲われた。

女子生徒が逃げた後、頭部などを刺された堤さんは現場から北に約70メートル離れた横断歩道上で倒れ、通りかかった車のドライバーが110番した。堤さんは病院に運ばれたが、間もなく死亡した。

県警は殺人容疑で神戸北署に捜査本部を設置。複数箇所を刺して殺害した犯行態様から明確な殺意があったとみて、恨みによる犯行か、あるいは通り魔的犯行かの両面で捜査していた。

犯人は襲撃前、堤さんらの様子を付近で座って見ていたとの目撃があったが、犯行後の足取りについてはほとんど目撃情報がなく、捜査は難航していた。