フォト特集

ボクシング並木が「銅」 日本女子2人目メダル

女子フライ級準決勝 3回、ブルガリア選手(左)を攻める並木月海=両国国技館
女子フライ級準決勝 3回、ブルガリア選手(左)を攻める並木月海=両国国技館

東京五輪第13日の4日、ボクシング女子フライ級準決勝で並木月海(22)=自衛隊=がストイカジェリャスコバ・クラステバ(35)=ブルガリア=に判定で敗れた。3位決定戦がないため銅メダル獲得が決まった。3日に金メダルに輝いたフェザー級の入江聖奈(20)=日体大=に続く日本女子2人目の表彰台。

千葉県出身。153センチと小柄ながら軽快なフットワークを持ち味に、2018年世界選手権で銅メダルを手にした。日本勢女子初出場の今大会、順当に勝ち上がった。


気持ちが足りなかった

並木月海の話 率直に悔しい。自分のテンポでできなかったのかなと思う。今思えばもっと開き直って闘えば良かったのかなと思う。まだまだ足りないところがたくさんあると感じた。気持ちが足りなかった。一番いい色のメダルを取りたかった。

会員限定記事会員サービス詳細