大人流素敵!の見つけ方

(189)ブローチでワクチン証明

(商品提供 ドゥーエ ドゥ)
(商品提供 ドゥーエ ドゥ)

「もう打った?」「来週2回目」。最近は、新型コロナウイルスのワクチン接種についてのこんな会話があいさつ代わりになりました。

接種が憂鬱(ゆううつ)という人もいると聞き、「はっ」とひらめいたのが、写真のブローチ(6050円~)。ビーズを使いユニークでかわいいブローチを手作りするブランド「CAO.(カオ)」のデザイナー、太田香織さんに「ワクチンモチーフが欲しい!」とリクエストをして形になりました。

注射器の先に2つぶら下がるフェイクパールや、数字の2のモチーフは、「2回接種済み」の証し。晴れて接種済みとなった私が胸元に、ワクチン瓶、注射器、数字の2のブローチ3点セットをして出かけると、「かわいい、それちょうだい」と友人たちから言われます。

デザイナーの太田さんは、「『打ちました!』とアピールし過ぎず、見た人から『それ何?』と聞かれる程度の」さりげなさを目指したとか。「プラスのイメージを持たないモチーフだからこそ、大人っぽく、かつ、ポップさもあるデザインにした」と話します。

私の知人には未接種だけれど、先にこのブローチを買い、接種後につけて出かけるのを楽しみにしている人もいます。不自由さや面倒を嘆いてみても状況は変わりません。だったらそれを楽しみに変えることができたら、と思うのです。

(スタイリスト 石田純子)