「日本一難しいご当地検定」10月23日実施 群馬・高崎市 - 産経ニュース

メインコンテンツ

「日本一難しいご当地検定」10月23日実施 群馬・高崎市

群馬県高崎市が「日本一難しいご当地検定」と強調する第9回高崎学検定が10月23日に行われる。参加者を10月8日まで募集している。

同検定は同市の歴史・文化・自然・産業・生活などを総合的に学んで「高崎を知り、高崎を愛し、高崎を創る」ための学習活動として始まった。これまでに、成績が特に優れた高崎学博士として28人、通算3回以上成績優秀者となった達人として22人が認定されている。

検定会場は市総合保健センター(同市高松町)と市民活動センター・ソシアス(同市足門町)。受検資格は特になく、受検料は1千円(高校生以下無料)。各分野から出題される100問程度を四者択一方式で解答する。

参加希望者は所定の申込書でソシアスまで直接申し込む。

第8回検定の問題と解答に解説などを加えた解説本も作成しており、第9回検定受検者や希望者に配布する。問い合わせはソシアス(027・329・7114)。