知ってる?!

有明ガーデン①/東京湾岸に〝新たな街〟出現

有明ガーデン
有明ガーデン

東京湾岸の有明(東京都江東区)に〝新たな街〟が出現した。街の名前は「有明ガーデン」。都心から約5キロ圏内にありながら、開発面積は都内最大級の10万7千平方メートルを誇る。

ゆりかもめの有明駅から徒歩4分、東京臨海高速鉄道りんかい線の国際展示場駅から同6分、有明駅側から首都高速湾岸線をまたぐと、街の入り口にあたる地上32~33階の3棟からなる大規模免震タワーマンション「シティタワーズ東京ベイ」(総戸数1539)が現れる。

同マンションから屋根付きデッキでつながる大型商業施設「ショッピングシティ」は、延べ床面積8万7655平方メートルに約200店が入り、住民や来訪者のさまざまなニーズに応える。

商業施設に隣接して、約8千人収容の劇場型ホール「東京ガーデンシアター」、さらには遠方からの来訪者の宿泊拠点にもなるホテル「ヴィラフォンテーヌ グランド 東京有明」(全749室)も。ホテルは約3千平方メートルを誇る大規模温浴施設「天然温泉『泉天空の湯』」も備える。

有明アリーナなど東京五輪・パラリンピックの会場も多く、街の最後のピースとなる劇団四季の専用劇場も9月にオープンする。

有明ガーデンを運営する住友不動産商業マネジメントの藤(とう)勝之・営業本部本部長は「有明に芸術・文化を含めた新たなにぎわいを創出していきたい」と語る。(取材協力 住友不動産)