川井梨紗子、ベスト4進出 レスリング女子57キロ級

レスリング女子57キロ級の川井梨紗子=4日、幕張メッセ
レスリング女子57キロ級の川井梨紗子=4日、幕張メッセ

東京五輪第13日の4日、レスリング女子57キロ級が行われ、日本の川井梨沙子は2回戦でホンゴルズル・ボルドサイハン(モンゴル)に7ー0で勝利し、準決勝進出を決めた。準決勝は同日夕に行われる。

川井は1回戦を冷静な試合運びで8-2で突破。2回戦では第1ピリオドを1-0で終え、第2ピリオドにはバックを取るなどして着実に加点し、危なげなく相手を退けた。

川井は2016年のリオデジャネイロ五輪で、63キロ級の代表として優勝。その後本来の階級である57キロ級に戻し、令和元年の全日本選抜選手権、同年の世界選手権で五輪5連覇を目指す伊調馨に2連勝して代表の座を得た。今回の五輪には、妹の友香子も62キロ級の代表で出場。姉妹そろっての金メダルを目指している。友香子は4日夜の決勝に進出し、王手をかけている。妹の試合を見て「自分もやらなきゃいけないという思いにさせられた」という姉も順当に4強に入り、夢の実現に一歩近づいた。