「体操ニッポン」躍進支える国産メーカー 源流は日露戦争

鉄棒と支柱の接続部分に組み込まれた「双発機構」。360度均等にしなるよう開発された(セノー提供)©Rimako TAKEUCHI
鉄棒と支柱の接続部分に組み込まれた「双発機構」。360度均等にしなるよう開発された(セノー提供)©Rimako TAKEUCHI

高度な技が次々と繰り出された東京五輪の体操競技。それを支えたのが、鉄棒や床などの体操器具を納入した国産老舗メーカー「セノー」(千葉県松戸市)だ。独自の技術を持ち、体操器具で国内シェア約9割を占めるセノー社。そのルーツは日露戦争にある。自国開催という晴れ舞台に、もう一つの〝日本代表〟として臨んだ。

3日、体操男子種目別鉄道の決勝で、橋本大輝(19)がひときわきれいな弧を描き、着地した。団体、個人総合でも高得点をたたき出した鉄棒は、橋本の得意種目だが、この演技に使用されたのが同社製の鉄棒だ。

最大の特徴は、「しなり」にある。他メーカーの鉄棒は上下方向にしかしならないが、この鉄棒は360度均等にしなる。

接続部分に「双発機構」と呼ばれる特殊な金具を配置することで、水平方向にも力が分散され、大車輪を回るときも楕円ではなく真円に近くなる。弾みもつきやすいため、筋力に頼らなくてもダイナミックな演技がしやすいという。

五輪で使用される体操器具は原則、国際連盟が複数案を示し、大会組織委員会が選ぶ。全て国際基準にのっとっているが、メーカーごとに〝癖〟があるのが実情だ。

2016年リオデジャネイロ大会で使用された海外メーカーの体操器具は、日本人選手から「固い」「弾まない」などと不評の声が上がっていた。

一方、セノーは国内シェアの9割を占めており、日本選手にとっては最もなじみのある器具ともいえる。

体操女子種目別床運動で銅メダルを取った村上茉愛(まい=24)が得意とする床を作っているのもセノー。世界に先駆けてスプリングを内蔵した床は、小柄な選手でも跳ねやすい。

会員限定記事会員サービス詳細