ベラルーシ選手、保護要求 代表チームの帰国強制拒否

東京五輪のベラルーシ代表として2日の陸上女子200メートル予選に出場予定だったクリスツィナ・ツィマノウスカヤ(24)が1日、強制的に帰国させるためチームによって羽田空港に連れて行かれたと、ロイター通信などが伝えた。ツィマノウスカヤは、代表コーチへの批判が理由で不当だとして航空機への搭乗を拒否、日本の警察に保護を求めた。

AP通信によると、支援するベラルーシの人権団体は「既に安全な場所に移された」とし、欧州の外交官と接触する予定だと明らかにした。オーストリアへの亡命を求めているという。

ツィマノウスカヤは会員制交流サイト(SNS)に投稿した動画で、国際オリンピック委員会(IOC)に介入を求めた。APによると、イスタンブール行きのトルコ航空便に搭乗させられそうになったが、日本の警察に保護を求め、外務省職員も駆け付けた。

ツィマノウスカヤは女子1600メートルリレーに出場するメンバーを巡りコーチを批判したことが発端だと話し、帰国すれば投獄される恐れがあると訴えている。ベラルーシ国営ベルタ通信は、ツィマノウスカヤの精神状態に関する医師の判断に基づき、コーチが大会参加を取りやめる決定をしたと伝えた。(共同)