誤って1カ月でワクチン4回接種 岐阜市の80代女性

岐阜市は2日、市内在住の80代女性に対し、米ファイザー製新型コロナウイルスワクチンを約1カ月間に誤って4回接種するミスがあったと発表した。女性の体調に異常はないという。

市によると、女性は6月7日、知人に付き添われて市の券で1回目を接種。その後6月19日に券を紛失したと届け出て再発行を受け、20日に1回目とは異なるかかりつけ医で2回目を接種した。3回目を1回目と同じ機関で6月28日に、さらに4回目を7月11日にかかりつけ医で接種した。

接種費用の支払い業務を受託する団体から「女性の予診票が2回分より多くある」と連絡があり、判明した。

市は、女性が接種の事実を認識しておらず、未接種であるという本人の申告を受けて券を再発行したと説明した。再発防止のため、今後はシステムによる記録確認を徹底する。

ファイザー製は通常約3週間の間隔を空けて2回接種することが推奨されている。