男子レスリング文田「銀」 グレコ60キロ級 - 産経ニュース

メインコンテンツ

男子レスリング文田「銀」 グレコ60キロ級

決勝でキューバのオルタサンチェスと対戦する文田健一郎(左)=2日、幕張メッセ(納冨康撮影)
決勝でキューバのオルタサンチェスと対戦する文田健一郎(左)=2日、幕張メッセ(納冨康撮影)

レスリング男子グレコローマンスタイル60キロ級の文田健一郎(ミキハウス)は2日、決勝でルイスアルベルト・オルタサンチェス(キューバ)に敗れ、銀メダルを獲得した。

グレコでは1984年ロサンゼルス五輪52キロ級の宮原厚次以来の金メダルを目指したが及ばなかった。日本男子のメダル獲得は52年ヘルシンキ五輪から不参加の80年モスクワ五輪を除き、17大会連続となる。

準々決勝ではウクライナのレヌク・テミロフを下し、2回戦では中国の瓦裏汗に勝利していた。

文田は山梨県出身。韮崎高校(山梨)から日体大。2017年の世界選手権グレコローマンを、日本選手として34年ぶりに制し、2019年も優勝した。

ボトムコンテンツ