九経連とJCが水素エネルギー利活用で連携

協定締結後に開かれた燃料電池車の出発式
協定締結後に開かれた燃料電池車の出発式

九州経済連合会と日本青年会議所(JC)九州地区協議会は30日、水素エネルギーの利活用を推進するための連携協定を締結した。

協定は啓発活動として、水素エネルギーを使う燃料電池車(FCV)を九州7県で走らせ、水素関連イベントへの出展などに連携して取り組むとした。九州の研究機関や企業、JCの若手経営者らが連携し、持続可能なエネルギーモデルの確立を目指す。

締結式は、福岡市西区の九州大伊都キャンパスで開かれ、九経連の倉富純男会長は「脱炭素をビジネスチャンスととらえ、知恵を絞りながら挑戦の風を九州から吹かせたい」と語った。

協定締結後には、水素エネルギー利用を啓発するFCVの出発式も開かれた。今後、FCVが9月にかけて九州各地を走る。

水素エネルギーは、水や化石燃料などさまざまな資源からつくることができ、利用時に二酸化炭素を排出しない利点がある。政府は2050年の温室効果ガス排出量を実質ゼロにする目標に向け、水素エネルギーを重要な資源に位置づけている。そのためには幅広い用途に活用するための技術向上や、燃料を供給する水素ステーションなどのインフラ整備が課題となっている。