日本は銀メダル 柔道混合団体 - 産経ニュース

メインコンテンツ

日本は銀メダル 柔道混合団体

決勝の第1試合でフランス選手に敗れた新井千鶴=31日、日本武道館(納冨康撮影)
決勝の第1試合でフランス選手に敗れた新井千鶴=31日、日本武道館(納冨康撮影)

東京五輪第9日の31日、柔道混合団体が行われ、日本はフランスを1勝4敗で敗れ、銀メダルに終わった。今大会から柔道競技に加わった新種目で、柔道の母国・日本は初代王者になることができなかった。

日本は第1試合、女子の新井千鶴(三井住友海上)が相手選手の小内刈りで2回技ありを奪われ、合わせ技一本で敗れると、第2試合でも男子の向翔一郎(ALSOK)が延長の末、隅落としで一本負け。2連敗で迎えた第3試合、女子の素根輝(そね・あきら、パーク24)が大内刈りで技ありを奪い、その後横四方固めで合わせ技一本とし、1勝を挙げる。

続く第4試合では、日本のウルフアロン(了徳寺大職)は、ロンドン、リオデジャネイロと2大会連続で金メダルを獲得したテディ・リネールと対戦。延長に突入する熱戦となったが、内股で技ありを奪われ敗北する。追い詰められた日本は第5試合も、芳田司(コマツ)が裏投げで技ありを奪われ、そのまま敗れた。






ボトムコンテンツ