橋岡が決勝へ 陸上男子走り幅跳び

男子走り幅跳び予選 8メートル17をマークした橋岡優輝の1回目=国立競技場
男子走り幅跳び予選 8メートル17をマークした橋岡優輝の1回目=国立競技場

東京五輪第9日の31日、陸上男子走り幅跳びの予選が行われ、日本の橋岡優輝(富士通)、城山正太郎(ゼンリン)、津波響樹(大塚製薬)が出場した。このうち、橋岡が8メートル17を記録し、決勝に進んだ。決勝は8月2日午前に行われる。

城山は7メートル70、津波は7メートル17で落選した。



会員限定記事会員サービス詳細