選手村から観光目的で外出 大会関係者の資格剥奪

東京・晴海にある東京五輪選手村(本社ヘリから、鴨川一也撮影)
東京・晴海にある東京五輪選手村(本社ヘリから、鴨川一也撮影)

東京五輪・パラリンピック組織委員会は31日、東京・晴海の選手村に滞在していた大会関係者が観光目的で外出したため、大会参加資格証を剝奪したと明らかにした。組織委は対象の人数や国名などの詳細を明らかにしていないが、東京タワー周辺への外出が一部報道されたジョージアの柔道男子選手2人とみられる。

組織委によると、大会が始まって以降、参加資格を剝奪したのは初めて。一部報道によると、ジョージアの選手2人は、試合出場後の27日深夜、東京タワーのタクシー乗り場周辺にいるところを目撃されたという。

新型コロナウイルス対策のために行動規範を定めた「プレーブック」では、選手らの行動は原則、合宿地や選手村、競技会場に限定されている。

会員限定記事会員サービス詳細