【正論】米ワクチンに学ぶ行動する勇気 双日総合研究所 チーフエコノミスト・吉崎達彦 - 産経ニュース

正論

米ワクチンに学ぶ行動する勇気 双日総合研究所 チーフエコノミスト・吉崎達彦

米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン(佐藤徳昭撮影)
米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン(佐藤徳昭撮影)

私事ながら、双日の職域接種が間もなく2回目を迎える。それが済んだら「無罪放免」とはならないまでも、少しは安心ができそうだ。お盆には、田舎にいる父を訪ねていければと考えている。

新型コロナ感染症の蔓延(まんえん)からまだ1年半、これだけ早くワクチンが普及するとは望外の幸いだ。特に日本人が接種しているファイザーとモデルナの2種類は、いかにして開発にこぎつけたのか。

≪有事に「ワープのスピード」≫

ランキング

  1. ソニーに罰金1700万円 中国の尊厳損なうと当局
  2. 旧民主を支えた巨大労組、自民と対決回避 広がる衝撃
  3. LINE問題で最終報告 経済安保上「極めて不適切」
  4. AIでAVモザイク加工、容疑で男を逮捕 京都府警
  5. パウエル元米国務長官死去 イラク戦争へ国連演説 コロナ感染
  6. 「接種後死亡」訴えて拘束 中国、12歳娘の母親
  7. VS辻元氏 保守票がカギ 三つどもえの大阪激戦区
  8. 「完敗」小泉進次郎氏失速 同世代台頭、集客に陰り
  9. 山本文緒さんが死去 直木賞作家
  10. WHO、コロナ起源再調査へ諮問団

メインコンテンツ