正論

米ワクチンに学ぶ行動する勇気 双日総合研究所 チーフエコノミスト・吉崎達彦

米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン(佐藤徳昭撮影)
米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン(佐藤徳昭撮影)

私事ながら、双日の職域接種が間もなく2回目を迎える。それが済んだら「無罪放免」とはならないまでも、少しは安心ができそうだ。お盆には、田舎にいる父を訪ねていければと考えている。

新型コロナ感染症の蔓延(まんえん)からまだ1年半、これだけ早くワクチンが普及するとは望外の幸いだ。特に日本人が接種しているファイザーとモデルナの2種類は、いかにして開発にこぎつけたのか。

≪有事に「ワープのスピード」≫

ランキング

  1. 鹿野道彦元農水相が死去79歳、自民と民主党所属

  2. 中国の〝ピアノ王子〟拘束 買春で、ショパン優勝者

  3. エネルギー基本計画、3年ぶり改訂を閣議決定

  4. まんだらけを書類送検 禁止区域で風俗営業疑い

  5. 点滴連続死公判 検察側が元看護師に死刑求刑

  6. 【鬼筆のスポ魂】カープ主砲・鈴木のメジャー挑戦は決定的 いま心技体のピークに 植村徹也

  7. 【エンタメよもやま話】話題の韓国「イカゲーム」と日本の漫画の関係

  8. 【湯浅博の世界読解】「ピークパワーの罠」に陥る中国

  9. 小室さんがNY州の学生論文コンペで優勝

  10. 台湾防衛の「責任ある」 バイデン大統領が表明 「変更ない」と高官火消し