ハンド男子・吉田守一 雄姿に母校の後輩ら勇気

吉田選手は前半戦に途中出場。特に守備面で持ち前の長身を生かし、相手攻撃を封じるファイトあふれるプレーをみせた。

日本代表は前半戦を17―16とリードして折り返した。吉田選手は後半戦にも途中出場したが、試合は30―32で競り負けた。

ハンドボール部キャプテンの3年、橋本健汰さん(17)は「チームに貢献するいい動きをして、お手本になるプレーでした」と刺激を受けた様子。顧問の松尾伸司教諭(44)も「日本への流れをつかむプレーをみせてくれた。これからも県内でハンドボールをしている選手たちに勇気を与えてほしい」と話していた。

一方、自宅で観戦した香織さんは、惜敗に「残念」としながらも、8月1日の次回ポルトガル戦に向けて「ぜひ勝ってほしい」と激励していた。

会員限定記事会員サービス詳細