丸川五輪相、交通規制で閣議遅刻 加藤氏が口頭注意

閣議に遅刻した丸川珠代五輪担当相(中央)=30日午前、首相官邸(春名中撮影)
閣議に遅刻した丸川珠代五輪担当相(中央)=30日午前、首相官邸(春名中撮影)

丸川珠代五輪相は30日午前の記者会見で、首相官邸で同日行われた閣議に、開催中の東京五輪による交通規制の影響で遅刻し、加藤勝信官房長官から口頭で注意を受けたことを明らかにした。

この日の閣議は午前10時開始だったが、丸川氏は約5分遅れて官邸に到着。会見で理由を問われた丸川氏は「高速道路の入り口が五輪対応で封鎖され、途中でかなり渋滞し、もう1カ所の入り口を目指したが、そこも五輪で封鎖されていた。(加藤氏から)大変厳しくご指導をいただいた」と釈明した。

都内では五輪期間中、交通量に応じて高速道路の一部出入口が封鎖される措置が取られており、一般道路の交通量が増えている。