中国河南省の豪雨被害、支援を示唆 加藤官房長官

会見に臨む加藤勝信官房長官=30日午前、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む加藤勝信官房長官=30日午前、首相官邸(春名中撮影)

加藤勝信官房長官は30日の記者会見で、中国河南省の豪雨被害に関し、中国政府から要請があれば、日本として支援する考えを示唆した。「現在まで中国側から支援の要請はないが、引き続き状況を注視していきたい」と述べた。在留邦人の被害は確認されていないとも説明した。

加藤氏は犠牲者への哀悼の意を表した上で「被害に遭われた方々のご回復、被災地の一日も早い復興を心からお祈りをしたい」とも語った。