日本企業タンカーに攻撃、2人死亡 オマーン沖 - 産経ニュース

メインコンテンツ

日本企業タンカーに攻撃、2人死亡 オマーン沖

中東オマーン沖のオマーン湾で29日、イスラエル系企業が運航する石油タンカーが何者かの攻撃を受け、英国人とルーマニア人の乗組員2人が死亡した。ロイター通信などが伝えた。運航側によると船主は日本の企業で、海賊被害を受けた可能性があるという。被害状況など詳細は不明。

現場はオマーン東部マシラ島から北東の海域。運航側の声明によると、船はタンザニアのダルエスサラームからアラブ首長国連邦(UAE)東部フジャイラに向かっており、積み荷はなかった。

オマーン湾はホルムズ海峡の外側にあり、イランに面している。今年2月には、イランと敵対するイスラエルの企業が所有する貨物船で爆発があった。2019年6月には日本の海運会社のタンカーを含む2隻が何者かに攻撃された。

(共同)