日本が歴史的快挙の「金」 フェンシング男子エペ団体

男子エペ団体決勝でROC選手(左)からポイントを奪う山田優=幕張メッセ
男子エペ団体決勝でROC選手(左)からポイントを奪う山田優=幕張メッセ

フェンシング男子エペ団体で、見延和靖(ネクサス)、山田優(自衛隊)、加納虹輝(JAL)、宇山賢(三菱電機)の日本は、決勝でROCを45ー36で下し、日本フェンシング界初の快挙となる金メダルを獲得した。

日本は準々決勝では4連覇を狙った強豪のフランスを45ー44で破り、準決勝では韓国に45ー38で快勝した。


会員限定記事会員サービス詳細