福岡・糸島沖にサメ十数匹 サーファーや遊泳客退避

28日午前10時ごろ、福岡県糸島市志摩芥屋のサーファーが多い海岸の沖合約200メートルで、サメ十数匹がいるのが確認された。県警がサーファーや遊泳客らに陸に上がるよう求め、被害は確認されていない。市は「レジャーの際は十分注意してほしい」と呼び掛けている。

県警や市によると、金づちのような形の頭が特徴のシュモクザメとみられ、体長は1~1・5メートル程度。付近海域では今月中旬から、サメの餌になるエイが大量発生しており、追い掛けて海岸に近づいてきたとみられる。

26日に釣り客から「シュモクザメのようなサメを見た」と市に連絡があり、県警ヘリが27、28両日、沖合でサメを確認した。