速報

速報

日大の田中英寿理事長逮捕、脱税の疑い 東京地検

米GDP6・5%増 4~6月期、個人消費が牽引

【ワシントン=塩原永久】米商務省が29日発表した2021年4~6月期の実質国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、年率換算で前期比6・5%増だった。プラス成長は4四半期連続。経済再開が本格化して個人消費の大幅増が続き、1~3月期に続いて高い成長率を維持した。

4~6月期の成長率は前期の6・3%増(改定値)から加速したが、市場予想の8・4%を割り込んだ。

GDPの約7割を占める個人消費が11・8%増と好調を維持し、経済全体の底堅い伸びを支えた。民間設備投資が8・0%増と前期(12・9%増)から失速。輸出が6・0%増となり、前期(マイナス2・9%)からプラス転換。輸入は7・8%増だった。

米経済は新型コロナウイルス流行の打撃が直撃した20年4~6月期にマイナス31・2%に落ち込んだ。その後は政府による巨額の財政出動や、米連邦準備制度理事会(FRB)の大胆な金融緩和策もあり、プラス成長を維持。21年は通年で7%成長を視野に入れる。

ただ、コロナ変異株の流行拡大や、半導体をはじめとする供給制約が深刻化する恐れもあり、先行きには不透明感がある。