「ナガマツ」ペア、4強ならず バド女子複

永原和可那(左)、松本麻佑組
永原和可那(左)、松本麻佑組

バドミントン女子ダブルスで29日、永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)は準々決勝で、金昭映、孔熙容組(韓国)と対戦した。1-2で韓国ペアに敗れ、準決勝進出を逃した。

永原、松本組は世界ランキング2位を誇り、今大会では1次リーグを3連勝して、準々決勝に進出していた。

この種目で、日本勢は2012年ロンドン五輪の銀メダル(藤井瑞希、垣岩令佳組)、16年リオデジャネイロ五輪の金メダル(高橋礼華、松友美佐紀組)に連続メダル獲得を目指している。