東・北日本で大雨恐れ 土砂災害に警戒呼び掛け

気象庁=東京都港区虎ノ門
気象庁=東京都港区虎ノ門

低気圧や寒気の影響で、東日本と北日本では30日にかけて、雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがあるとして、気象庁は29日、土砂災害、低地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒を呼び掛けた。落雷や突風、ひょうにも注意が必要だ。

気象庁によると、上空約6千メートルに、氷点下6度以下の寒気が流入する見込み。また、日本海にある台風8号から変わった低気圧に流れ込む暖かく湿った空気の影響で、大気が不安定な状態が続く。

30日正午までの24時間予想雨量は、いずれも多い場所で関東甲信、北陸100ミリ、東北80ミリ。その後の24時間は、関東甲信、北陸、東北50~100ミリ。