渡辺、東野組、初メダルかけ3位決定戦へ バド混合複

混合ダブルス準決勝 中国ペアと対戦する渡辺勇大(上)、東野有紗組=武蔵野の森総合スポーツプラザ
混合ダブルス準決勝 中国ペアと対戦する渡辺勇大(上)、東野有紗組=武蔵野の森総合スポーツプラザ

バドミントン混合ダブルスで29日、日本の渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)は準決勝で、王、黄組(中国)と対戦した。格上のペアを相手に1―2(23-21、15-21、14ー21)で敗れた。渡辺、東野組は、この種目で日本勢初のメダル獲得をかけ、3位決定戦に挑むことになった。

世界ランキング3位の中国ペアに対し、渡辺、東野組は5位。序盤は、前衛の東の返球で相手ペースを乱し、後方から渡辺がスマッシュを打つ流れで、一歩も譲らない試合運びをみせた。だが、後半になるにつれ、王が放つ高い位置からの強打に防戦が続き、ペースを取り戻せなかった。

渡辺、東野組は1次リーグを3連勝で決勝トーナメントに進み、準々決勝でも、世界ランキングで格上のタイのペアを破っていた。渡辺は、男子ダブルスにも遠藤大由(日本ユニシス)とペアを組んで出場している。

会員限定記事会員サービス詳細