台湾でLINEハッキング 政府要人ら100人超

LINE(ライン)ロゴ=東京都千代田区(萩原悠久人撮影)
LINE(ライン)ロゴ=東京都千代田区(萩原悠久人撮影)

台湾で29日までに、無料通話アプリLINE(ライン)の政府要人ら100人以上のアカウントがハッキング攻撃に遭った。LINEの台湾法人は総統府や安全部門などに報告、捜査当局は捜査すると表明した。地元メディアなどが報じた。

被害に遭ったのは政府要人のほか軍関係者、与野党幹部ら。LINEは先週、ハッキング被害に気付いたという。犯人は攻撃にスパイウエア「ペガサス」を使ったとみられる。

LINEは28日、「異常を感知した後、直ちにユーザーを保護する措置を講じた。今回の事件に対して必要な対応を取る」との声明を出した。

報道によると、政府関係者が重要情報を会員制交流サイト(SNS)でやりとりすることはないが、政府は改めてハッキング攻撃に警戒するよう徹底を図る方針だ。(共同)