ミャンマー、記者投獄急増 今月初めで収監32人 - 産経ニュース

メインコンテンツ

ミャンマー、記者投獄急増 今月初めで収監32人

ミャンマー最大都市ヤンゴンで抗議デモを監視する兵士たち=2月28日(ロイター=共同)
ミャンマー最大都市ヤンゴンで抗議デモを監視する兵士たち=2月28日(ロイター=共同)

米ニューヨークに本部を置く民間団体、ジャーナリスト保護委員会(CPJ)は28日、国軍のクーデターによる混乱が続くミャンマーで、収監されているジャーナリストが今月1日時点で少なくとも32人に上ったとの報告書を発表した。昨年12月1日時点では1人だけだったが、今年2月のクーデター後に投獄が急増した。

報告書は、クーデター以降に少なくとも3人の外国人ジャーナリストが拘束され、国外追放されたとも指摘。4月には日本人のフリージャーナリスト北角裕樹さんが「虚偽ニュース」を広めた疑いで逮捕され、刑務所に収監された。北角さんは5月に解放されて帰国した。

獄中で拷問を受ける事例も相次いでおり、CPJはミャンマーについて「ジャーナリストにとって世界最悪の国の一つになった」と懸念を示した。(共同)