共産・塩川氏「今からでも五輪中止を」 衆院内閣委

共産党の塩川鉄也衆院議員は28日の衆院内閣委員会の閉会中審査で、新型コロナウイルス対策のため、開催中の東京五輪を中止するよう政府に求めた。「今からでも五輪は中止してコロナ対策に全力で取り組み、命と暮らしを守る活動に全力を挙げることを求める」と述べた。

塩川氏は、感染拡大に伴う医療逼迫(ひっぱく)に触れ「助かる命も助けられないかもしれない医療危機の時に五輪が行われている。五輪は国内の人流を促進して感染を拡大する懸念がある。国民に自粛を求めながら、世界最大の祭典を行うのは大きな矛盾だ」と述べた。

感染力が強いインド型変異株(デルタ株)に関して「デルタ株がまだ確認されていない国・地域からの参加者も多数いる。東京五輪が世界に感染を拡大させる『スーパースプレッダーイベント』になる危惧はぬぐえない」とも主張した。

会員限定記事会員サービス詳細