西村氏、首都圏3県に緊急事態宣言「要請あれば機動的に」

衆院内閣委員会で答弁する西村康稔経済再生担当相=28日午後、衆院第1委員室(春名中撮影)
衆院内閣委員会で答弁する西村康稔経済再生担当相=28日午後、衆院第1委員室(春名中撮影)

西村康稔経済再生担当相は28日の衆院内閣委員会の閉会中審査で、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言を神奈川、埼玉、千葉の首都圏3県に発令する可能性について「(3県から)正式に要請があれば速やかに検討し、必要であれば機動的に対応したい」と述べた。

西村氏は「高齢者の重症者はワクチン接種でかなり抑えられているが、40代、50代の入院が増えている。この状況を知事と共有し、ステージの指標も見ながら、専門家の意見も聞いたうえで判断したい」と語った。

3県は政府に宣言の発令を共同で要請する方向で調整している。