「一生忘れない」 銀メダルの五十嵐カノアが会見

一夜明け会見に臨む、銀メダルを獲得した男子サーフィンの五十嵐カノア=28日、東京都内の選手団会見場(代表撮影)
一夜明け会見に臨む、銀メダルを獲得した男子サーフィンの五十嵐カノア=28日、東京都内の選手団会見場(代表撮影)

東京五輪のサーフィンに出場した五十嵐カノア(23)が、銀メダル獲得から一夜明けた28日、東京都内で記者会見し、「今回の五輪は一生忘れられないイベント。サーフィンを世界に見てもらうチャンスをくれたことがありがたい」と喜びを語った。

台風接近で荒れる海の中、高い波をとらえて高度な技を連発した五十嵐は「五輪で学ぶことはたくさんあり、プレッシャーの中でもすごいパフォーマンスができることは自信になった」と充実の表情。3年後のパリ五輪を見据え「早くやりたい」と意気込んだ。

銅メダルに輝いた女子の20歳、都筑有夢路(あむろ)も同席。「本当に今でも信じられなくて、夢の続きを見ているみたい」とはにかんだ。

一夜明け会見に臨む、銅メダルを獲得した女子サーフィンの都筑有夢路(左)と銀メダルを獲得した男子サーフィンの五十嵐カノア=28日午前、東京都内の選手団会見場(代表撮影)
一夜明け会見に臨む、銅メダルを獲得した女子サーフィンの都筑有夢路(左)と銀メダルを獲得した男子サーフィンの五十嵐カノア=28日午前、東京都内の選手団会見場(代表撮影)

今後、サーフィンが日本でどのような存在になってほしいか問われた都筑は「サッカーや野球と同じように扱ってほしいし、注目してほしい。五輪をきっかけに、サーフィンを本当の『スポーツ』としてみてくれたらうれしい」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細