東北、2万世帯に避難指示 台風8号、交通乱れも

台風8号の影響で強く降る雨の中を歩く人たち=28日午前7時8分、仙台市
台風8号の影響で強く降る雨の中を歩く人たち=28日午前7時8分、仙台市

台風8号が上陸した東北地方では28日、岩手県宮古市で約2万3000世帯を対象に避難指示が出たほか、鉄道の一部で運転を見合わせるなど厳戒態勢が続いた。

太平洋側では未明から断続的に強い雨が降った。沿岸部にある宮古市は27日午後6時、市内全域に避難指示を発令し、避難所として体育館や集会所など50カ所を開設。一時170人以上が避難した。市の担当者は28日早朝、「夜が明けて風が強まってきた。避難所の人数は減っているが、今後も雨の降り方に注意し、災害警戒に当たりたい」と話した。

交通機関への影響も出た。JR東日本は28日、釜石線と大船渡線の全線、山田線の一部区間で始発から運転を見合わせた。

宮城県によると、28日午前6時の段階で17市町村の約22万5000世帯が高齢者等避難の対象となった。台風が上陸したとみられる石巻市では一時、119世帯172人が避難した。