埼玉立てこもり男に逮捕状 強盗致傷容疑で神奈川県警

神奈川県警本部
神奈川県警本部

さいたま市のインターネットカフェ立てこもり事件で起訴された住所不定、無職林一貴被告(40)が、横浜市内で女性を襲い、現金を奪った疑いが強まったとして、神奈川県警が強盗致傷容疑で逮捕状を取ったことが28日、捜査関係者への取材で分かった。同日にも逮捕する。

捜査関係者によると、林被告は6月13日、横浜市南区のホテルで、風俗店従業員の20代女性の首を絞めたり、手足を縛ったりして軽傷を負わせ、現金約30万円を奪った疑いが持たれている。現場に被告の指紋が残されており、神奈川県警が関与を調べていた。

被告は6月17日、さいたま市のJR大宮駅前にあるインターネットカフェの個室ブースに女性店員を呼び、32時間以上立てこもったとして、埼玉県警に監禁容疑で逮捕され、逮捕監禁致傷罪で起訴された。