不適切発言で日本公使捜査 韓国、刑事処罰は回避か - 産経ニュース

メインコンテンツ

不適切発言で日本公使捜査 韓国、刑事処罰は回避か

相馬弘尚氏(聯合=共同)
相馬弘尚氏(聯合=共同)

韓国警察は28日、韓国メディアの取材に不適切な発言をした在韓国日本大使館ナンバー2の相馬弘尚総括公使について、名誉毀損容疑などで捜査を始めたと明らかにした。韓国メディアが報じた。韓国の市民団体が告発していた。ただ、外交官の不逮捕特権などを定めたウィーン条約のため刑事処罰には至らない見通し。

韓国のJTBCテレビは16日、相馬氏が取材時に、文在寅大統領が日韓関係を巡って一人で神経戦をしているとの趣旨で「マスターベーション」との表現を用いたと報じた。(共同)