山梨、神奈川、火山噴火時の相互協力で協定

火山噴火時の相互応援の協定書を示す山梨県の長崎幸太郎知事(左)と神奈川県の黒岩祐治知事=28日、甲府市(平尾孝撮影)
火山噴火時の相互応援の協定書を示す山梨県の長崎幸太郎知事(左)と神奈川県の黒岩祐治知事=28日、甲府市(平尾孝撮影)

山梨県と神奈川県は28日、火山噴火時の相互応援と火山研究員の交流で協定を結んだ。活火山である富士山と箱根山がそれぞれの県内にある両県では、平時からの連携や協力体制を作っておくことで、噴火などの緊急時の相互支援をスムーズにさせる狙いだ。

山梨県の長崎幸太郎知事、神奈川県の黒岩祐治知事が同日、オンライン形式で協定書に署名した。

具体的には山梨県の富士山科学研究所と神奈川県の温泉地学研究所の連携となる。両研究所は研究テーマや専門分野などが異なり、それが双方の火山研究の知見を高めることになるという。噴火が起きた場合には研究職員を派遣し、観測や応急対応、復旧に向けた調査などで協力。定期的な連絡会議で事前の防災対策の検討も行う。